アッテンボローと山崩れ


角砂糖でしのぎます。
by getsuro

カテゴリ:感じたこと( 69 )

数奇なめぐり合わせ

え~あちきは数ヶ月前にフレンドマップというSNSで「ザ・社会科見学」というサークルを作ってキリンビール工場見学をしたんですわ。

で、その見学する際に一番参考にさせてもらったサイトが対談のサイト オレンジマウンテンマイレポートなんだけどさ、、、、
実はこの度そこの管理人:タカバシさんと一緒にビール工場見学に行っちゃいました!
ってかさ、あちきはmixiっていうSNSで「社会科見学を行こう!」ってコミュニティを作ってるんだけど、そこにたまたまタカバシさんがメンバーとして入ってきたんよ。
で、今回サントリー武蔵野ビール工場の見学を企画したら、タカバシさんも参加してくれて、なんだかもうすんげぇ驚きですよ!
世の中とは広いようで狭いなぁ。積極的に動くとやっぱ何かしら変わってくるもんなんね。
と、話がズレた。

今回の見学、あちきもレポートを書いたんだけど、タカバシさんも自サイトでレポートをしっかりまとめてんよ。
そのレポートを読むと、同じ見学なのにレポートのまとめ方や写真を撮っている場所とか違うわけですわぁ。まぁ当たり前っちゃ当たり前なんだけど、こういう風に見学に行った人それぞれの視点で書いたレポートが多く揃ってくると、見学に行った人は「あいつこんなこと感じてたんだ」と感心するだろうし、見学にいけなかった人も見学に行ったような気分で楽しめるかなぁと思ったわけです。。。

ここまで書いて、レポートをまとめる掲示板を作っちゃいました~ 良いレポートがあったらここでもどんどん紹介していきま~す。
[PR]
by getsuro | 2004-08-24 17:37 | 感じたこと

轢かれた猫

昨日、猿島見学の帰り道に轢かれた猫に遭遇した。

あちきは普段猫が好きと言っていながらも、この猫を見たときはかわいそうと思いながらもそれをわざわざ歩道に移そうとは思わなかったし、実際目を背けて通り過ごしてしまったよ。
でも、その時にグループのひとりがこれは見過ごせないと、車の通りがひと段落したときに血を流している猫を車道から歩道に連れて来た(その後近くの警察に知らせ対処してもらった)。
この時あちきはとても自分が情けない気分になったよ。普段猫が好きといいながらも、実際死にそうな猫が目の前に現れたらなにもせずに見て見ぬフリをしてしまった。それが当たり前のように死にそうな猫の前を通りすぎてしまった。
こんな調子じゃ、あちきは目の前で人が倒れていても見てみぬフリをしちまうんじゃないかと、自分自身が恐ろしくなったよ。
ちぃとあちきの頭はおかしくなってるらしい。少しばかしパッチが必要だ。
あちきはこれからも家畜の食肉はやめる気はないし、害虫は駆除するだろう。だから目の前にいる好きな生き物だけを助けようとするのは単なるエゴでしかない。ボランティアをしてまで助けようともようとも思わないし。
あちきは今までもこれからも死ぬまでただのエゴだらけの人間のままだと思う。
だけど、これからは目の前で弱っている生き物がいる時に、少なくとも見てみぬフリはやめようと思った。弱っている生き物を見て何も感じぬ人間にはなりたくないと思ったよ。
[PR]
by getsuro | 2004-08-08 23:11 | 感じたこと

馬鹿に刃物

この前書いた「馬鹿に刃物」だけどさ、写真をアップしても全然人がこないからあちきってばちょっとおセンチ☆
ってなことでやっぱ公開っす。

↓暇な人はたまに見てやっておくんなせい。
馬鹿に刃物
ちょっと毒っ気があるので少し注意が必要!
[PR]
by getsuro | 2004-08-01 05:35 | 感じたこと

世界最小の猫

X51.ENEMA: 世界最小の猫、ギネスブックに登録される
http://enema.x51.org/x/04/07/2217.php

たまには他人様のブログにリンク。
とにかくリンク先を見て見て!
体重1.5キロのすんごいちっこい猫がいるから。
ビデオってとこ押すと動画も見れるよ。すんげぇかわいい。
[PR]
by getsuro | 2004-07-27 22:56 | 感じたこと

ごきげんよう

だからどうした?どうでもいいじゃん!って感じなんだけどさ、
小堺かずき司会のごきげんようで「今日のあたり目」が出たときに
洗剤を2つとかもらって喜んでいる芸能人を見ていると悲しくなるよね。

つづき
[PR]
by getsuro | 2004-07-21 17:01 | 感じたこと

エキサイトブログ

深夜にエキサイトのサーバー調整をしていると思ったら、なんだか機能が大幅に増えているっぽい。
more機能ってなんなんだろう?
本も作れるみたいだ。サイコトルチョックの本を作りたいなぁ。とか思った。
今は仕事中なので、あとでマニュアル見てみよ~っと。
[PR]
by getsuro | 2004-07-20 13:47 | 感じたこと

プレステ3のこと

PlayStation 3は来年3月頃にプレミア公開、E3で正式公開(PC Watch)

へぇプレステ3がそろそろ現実的なものになるんだぁ。
あちきプレステ2はどういうわけだか発売日当日に買ったんだけど、今までほとんどDVD再生機としか使ってない、、、ってかDVDも最近はPC経由で観るようになっちゃって、今ではゲームを買ってから一週間くらいしか使ってないや。
で、今まで買ったゲームは10本程度だし。。。
せっかくウチに養子に来たプレステ2にはすまんことしてる。。。
で、プレステ3が再来年あたりに出ちゃうなんて。。。 なんだかんだで新しいもの好きなあきちは買っちまうのかなぁ。結局プレステ2と同じような扱いになるんだろうけど。。。

ってかさプレステ3がゲーム機としてどんなに進化してようとも、あちきにとっちゃボディーソニック内蔵のダライアスや座席がガタガタ動くアフターバーナーⅡの方が魅力的!
[PR]
by getsuro | 2004-07-14 18:47 | 感じたこと

オヤジとアイドル

なんかさぁ今テレビを見てたら深田恭子がでてんのよ。フカキョンとかいうんすか?一般的に。彼女って確かあちきが社会人になった頃に出てきたような気がするから、かれこれもう4,5年くらいは芸能界にいるんだよねぇ?
前見たときは別になんとも思ってなかったんだけどさ、今日テレビで見たらなんだかかわいいなぁと、、、、
いや、だからどうしたいとかはないんだけどなんとなくね。
で、番組の間に午後の紅茶のCMがやってたのね。あややっこのやつ。
あちきってば前に「あややってば小林幸子じゃん!」くらいのこと言ってたんだけど、今日見たらなんだかかわいいなぁと、、、
なんかミニスカートがヒラっとする様にドキドキしちゃったというかなんというか、、、
いや、だからどうしたいとかはないんだけどなんとなくね。
そういえば、こないだは高樹千佳子がたまんない!とか言ってたし、、、、
ふと、ハタチくらいの時にはなかったアイドル好きを実感しちまったっす。
ヤバイよなぁ、普段あちきとかほざいていても、おいらかれこれもう28年も地球に住み着いてる寄生虫なわけですよ。なんだかかれこれオヤジに片足突っ込んでるってか、棺おけに片足つっこんでるなぁと、しみじみ感じてしまった七夕の夜。

追記:いろいろ書いたけどあちきホントはAvril Lavigne(20)にお熱でつ。
[PR]
by getsuro | 2004-07-08 00:53 | 感じたこと

稼頭央とZAKZAK

稼頭央ブーイングに返礼…大声援取り戻す(ZAKZAK)
稼頭央「クビにしろ」米TV見返せ!(ZAKZAK)

あちきは野球ってまったく興味ないんよ。ってかプロスポーツ自体に興味ない。
だから野球、特にメジャーリーグのことなんてもまったくわからないわけですよ。
でも、ふと上の記事を読んだら松井稼頭央って人を応援したくなった。それと記事を書いたZAKZAKの人の稼頭央を応援する姿勢が伝わってきてなんだか嬉しかったよ。文に愛のある文章だと思った。
あちきは「ブーイングに返礼」の方から読んだんだけど、そっちでまずやられた。
記事を書いてる人は普段の稼頭央を見ていて、稼頭央の不調がホント心配でそれを稼頭央がきっちり払拭してくれたことに誰よりも喜んでいる感じ。
一番最後に

拍手は、稼頭央がベンチ前でヘルメットを振ってスタンドに応えるまで鳴り止まなかった。

って文があるんだけど、これは観客のことだけじゃなくて、この文を書いてる人自身そうだったんだろうなぁとか思った。

で、さかのぼってZAKZAKの過去の記事を読んでみたら、今回の一件のバックグラウンドには稼頭央に対する相当なバッシングがあったことを知ったよ。記者として選手を応援しながらもバッシングの記事も扱わなくてはいけない。ジレンマはあっただろう。でもそのバッシングを稼頭央が自分の力で見事に跳ね除けてくれたから、記者もあの文章を書けたんだろうなぁ。背景を知って記事によりいっそう奥行きを感じたっす。
あちきもあの文を読んだら稼頭央の活躍に心から「やったじゃん!」とか思ったもん。

ところで、
稼頭央ってなんて読むんだろ?
[PR]
by getsuro | 2004-07-05 12:21 | 感じたこと

シルミドのこと

シルミド


映画の日なのでシルミドを見てきた。
とりあえず何を書こうかなぁ。。。
まず、韓国映画ってはじめて観たんだけどおもしろく観れたよ。このところちゃんと睡眠をとっているせいってのもあるけど、この映画は観てる最中眠くならなかったっす。
序盤はね、観てて単純におもしろく観れた。だってさ教官が言うこと聞かない訓練兵たちの足元に機関銃ぶっぱなしてるんだもん。で、次に手榴弾を投げてんの。漫画のコブラを思い出して映画館の中でひとりクスクス笑ってしまったよ。あとね、序盤は訓練員たちがボコボコ叩かれて、、、ってか叩かれ過ぎててちょっとおもしろい。「ギャグ?」ってなぐらい叩かれてるん。いや~これが実際訓練として行われていたのならかなりヘヴィっす。目の当たりにしたら間違いなくヒクね。映画の中で教官が「死ぬより辛い日々をよく過ごした」ってなことを何度か言う場面があるんだけど、こりゃホントつらいよ。
まぁあちきは笑ってしまったんだけど。。。
で、後半。訓練兵の出動がキャンセルされて、そこからはダークな内容。人間の生存欲求物語。国の情勢変化で必要のなくなった訓練兵を殺さなければ自分たちが殺されてしまう教官たちと、訓練兵との戦い。結局双方ほとんどの人が死んじゃうんだけどさ、どっちも国の犠牲者だよなぁとか思った。
ってかあちきは朝鮮半島の南北のことってまったく知らんからあまりつっこめんってのが正直なトコ。北緯38度線で北と南に国が分かれたのって過去に日本の進軍があったからなんかな?そう考えるとなんだかこの物語さらに感慨深いものになる。ってか今日本が北朝鮮に苦労してるのも元はと言えば日本のせいなのかな?よーわからんことをこれ以上考えるのはバカがより一層バレバレになるのでやめとこう。
とりあえず、朝鮮半島問題の闇の部分として、シルミドのことは知っていて損はないと思う。で、こういう部隊ってホントに1隊だけだったのかな?
[PR]
by getsuro | 2004-07-01 21:18 | 感じたこと


検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国(等身大..
from ガメラ医師のBlog
夕焼け/青空/帝王貝細工..
from みどりの一期一会
うろこいちのびんちょうハ..
from いわき転勤生活
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧