アッテンボローと山崩れ


角砂糖でしのぎます。
by getsuro

いろいろ

「メル友から「死にたい」…プロバイダー協力し救助」(朝日)

住所を知らない知人から自殺をほのめかすメールが届いた――。東京消防庁が今月24日、こんな119番通報を受けた。プロバイダーの協力で東北に住む知人の住所を突き止めて、現地の消防署員が現場に急行、一命を救った。


あちき、pirori(ぴろり)って言うんだけどさ、異性同名の方で友達のpylori(ぴろり)さんってって人と友達なんだけどさ、以前そのpyloriさんに誘われてメンヘル系のお笑いサイトに参加していたことがあるんよ。(ちなみにあちきは通常メンヘルとは無縁の男なり)
でね、そこの雑談するトコで「死にたい人の権利」みたいの話してたんよ。
「死にたい」って言う人は他人が干渉しないで死なせてあげたほうがいい。とか言うのよヤッコさんたち。で、おいらはそれが友達だったら絶対止めるって書いたの。そしたらもうなんだか変な論争になっちゃっって、、、 (「死にたい」って人を生かそうとする。それは生かしておきたいって人の単なるエゴであることはわかってる。だけど、自分の大好きなおもちゃが動かなくなったらつまんないじゃん。だからいつまでも動いてて欲しいじゃん。そんな感じ。(人と物を一緒にするなこのウツケ!って怒られるかな。でもおいらはそんなウツケ者なの)) で、結局最終的にはpyloriさん(メンヘル大御所)が私も生きてて欲しい人の場合は止める。って書き込んで事態は収束したんだけどさ。
今回のニュースを見てそんな昔のことをふと思い出したよ。
こういうのは難しいよなぁ。
でもわざわざメールで「死にたい」とか「睡眠薬を飲んだ」とか送ってくるってことは、それに対して何らかの反応を欲しがっていたんじゃないのかなぁ。(この手の人たちは自分の薬に対する限界量ってのを把握していることが多い)
メールを辿って東京から救いの手を差し伸べた人、救われた人、この人たちの後日談をしりたいな~


すんごい蛇足になるけど、あちきのエピソードをもうひとつ。
数年前あちきの周りにね「死にたい」って連呼する人が現れたの。職場の人で女性。
であちきはさ、それでは職場のムードも良くないし何よりその人のために良くないと思い込んで、職場全体でその人を元気付けようと思ったん。でも、それは間違いだったよ。
おいらはその人に対し異性としての感情や友達としての感情も特にないのに救おうとしてしまったんだ。結果彼女はおいらに職場の人以上の関係を求めてきて、それでも彼女を異性として見れなかったおいらは、彼女にストーキングされ時に刺し殺されそうになった。そしておいらの友達たちを刺すと脅されたこともあったよ。
で、もうどうにもならなくなって彼女の両親に相談して実家に帰る様に手配してもらったよ。それ以降はわからない。
結局彼女は境界性人格障害という病気で、狂言を吐いたり手首を切ったりして周りの人に心配をしてもらいたかったみたい。
「死にたい」って人がまわりに現れたら、、、 こういうのはホントに難しいよなぁ。
[PR]
by getsuro | 2004-08-29 00:33 | ニュース?
<< 加速器見学の日 明治大学博物館にいってきた! >>


検索
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国(等身大..
from ガメラ医師のBlog
夕焼け/青空/帝王貝細工..
from みどりの一期一会
うろこいちのびんちょうハ..
from いわき転勤生活
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧