アッテンボローと山崩れ


角砂糖でしのぎます。
by getsuro

スペ熊

a0008284_21828100.jpg

a0008284_2182843.jpg

a0008284_2182899.jpg

午後4時に自転車を借りてだいたい市内を一周したので、本場の白熊を求め「むじゃき」へ。

メニューを見たら「スペシャル白熊」というのがあるじゃありませんか。
そんなに腹が減ってたわけじゃないし、喉も渇いていたわけじゃないけど、スペシャルとか書かれたらとりあえず頼むでしょふつー。

で、モノが来てビックリ。デケーヨ!
なんだよこれ、顔より大きいんじゃないかこのかき氷。

氷はふわふわで、練乳の甘さもくどくなく粘度も絶妙だ。が、いかんせん量が多い。

半分くらい食べ終わった時、推定室温30度の店内で自分が震えていることに気づいた。凍えている!白熊に体温を奪われていたのだ。
いやいややってくれたよ「むじゃき」。ファンシーな名前ながらやってることはどSだ。
ってか無邪気さ故に昆虫をあやめる子供のようなものか。限度の部分が振り切れてるんだ!

まっ震えにもめげず20分ほど食べたら完食できたけどね。おかげで店を出てもしばらく震えっぱなしだったよ。恐ろしい食べ物だった。個人的には半分の大きさがベストかなぁ。
いゃまぁ、スペシャルなんて気張ったものを頼まなければちょうど良かったのかもしれないけど。
[PR]
by getsuro | 2008-07-14 21:08 | 携帯投稿
<< 鹿児島恐るべし プロ用機材 >>


検索
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国(等身大..
from ガメラ医師のBlog
夕焼け/青空/帝王貝細工..
from みどりの一期一会
うろこいちのびんちょうハ..
from いわき転勤生活
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧