アッテンボローと山崩れ


角砂糖でしのぎます。
by getsuro

深夜の公園

a0008284_0143277.jpg

家からは直線距離で1kmも離れていないだろう。
最後に入ったのは中学の友達と遊んだ時だったか。
その友達も親が赤い旗に包まれているということで、自然と付き合いがなくなっていったっけ。
最近は少なくなったけど、中高生の時やる気に満ちあふれていた知り合いは赤い人が多かった。
彼らは赤い人たちの結束力と集金力を声高に話してきたっけ。
なら、なぜ何も変えられないの?がその時の僕の答えだった。それは今でも変わっていない。
[PR]
by getsuro | 2007-08-12 00:14 | 携帯投稿
<< 波方国家石油ガス備蓄基地に行ってきた ちんそう >>


検索
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国(等身大..
from ガメラ医師のBlog
夕焼け/青空/帝王貝細工..
from みどりの一期一会
うろこいちのびんちょうハ..
from いわき転勤生活
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧