アッテンボローと山崩れ


角砂糖でしのぎます。
by getsuro

キヌガサのこと

キヌガサといっても赤ヘル鉄人の衣笠じゃなくて、SNSの「キヌガサ」のことだ。
以下、そのキヌガサを5日ほど使った雑感。興味ない人は読まなくていいっす。ってかホントにただ感じたことを書き流してるだけで、使ってる人じゃないとわからないかも。

キヌガサは他のサービスと違って個人の日記を書く場所や掲示板がない。あとそのコミュニティの中でメールを飛ばしあう機能もない。
だから誰かと知り合いになるには「とりあえずリンクを申し出る」しかない。
つまり、知り合いになってからお互いを探り合うシステム。
(厳密にはグループのコミュニティでやり取り後、リンクでもいいんだけどね)

このシステムには賛否両論あるだろうけど、あちきとしては他と違うシステムということでちょっと評価してる。
今さら他と同じシステムを構築したところで、会社としては先発部隊に追い上げ追い越しをかけることはできないだろうし、ユーザーとしても後から入会したSNSでは、他のサービスで知り合った人とシステムを変えてやり取りするだけだ。
その点「キヌガサ」はまずユーザーを突き放す。ひとりにしちゃうの(ユーザー検索ができない)。そしてそこから新しいシステムで知り合いを作ることを要求する。「とりあえずリンクしてみな」と。で、リンクされた人にも「とりあえずつがってみな」ってスタンス。
これは情報量が少ないからこそ成り立つシステムなんじゃないかなぁと思った。
情報量が増えたら相手の趣味趣向、好き嫌いなんかが見えてくるから、うかつにリンクは貼れなくなる。気軽に人と知り合いヅラするのが良いのか悪いのか、それは人それぞれの価値観によって変わってくるだろうし、それこそ賛否両論あると思う。ただSNSのシステムとしてはおもしろいよね。機能を省いた結果、新しい知り合いを作る方法が生まれているのだから。

で、まぁおもしろいこたぁおもしろいんだけどさ、このとりあえず「知り合いになろう」ってシステムなんだけど、知り合いになっても「キヌガサ」の中には直接コミュニケーションを取る場がない(同じグループに所属してれば別だけどさ)。だから見当違いな紹介文を書かれたり、ホントどうしようもない紹介されたりそんな危険性もある。ってか上っ面だけの付き合い上等みたいな感じ。
まぁ「SNS自体が上っ面だけの付き合い上等」なシステムなんだけど、その中でも「キヌガサ」の上っ面の舐め加減は他の比じゃないと思う。
まぁそんなこんなで「キヌガサ」は今のとこひじょ~にびみょ~な感じだけど、システムも毎日のように改変してるから、ちょっと今後も見て行きたいSNSのひとつではある。

※そうそう「キヌガサ」は、最初「JUGEM」の登録ユーザーを招待していたので、現在の加入者はたいていblogを持っている。だから「キヌガサ」を通し知り合いになって「blog」でコミュニケーションを取ることは可能。そんなこんなで前回も書いたけど「ブログのコミュニティとSNSのコミュニティをまとめちまおう」としているのかなぁと思うよ。運営会社にとって「キヌガサ」はブログ(特にJUGEM)の延長上にあるちょっとした付加産物みたいな位置づけなのかなぁと思ってみたりした。。。

追記:ついさっき(22:00)くらいに、日記機能が付いたみたい。メール機能や掲示板も後で付けるのかな?ってそれじゃ普通のSNSになっちまうなぁ。同じ機能になっちまったら、デザインが悪くただ使いづらいサービスになってしまうのに。。。
[PR]
by getsuro | 2004-07-01 18:42 | ネットワーキング?
<< シルミドのこと 映画のこと >>


検索
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国(等身大..
from ガメラ医師のBlog
夕焼け/青空/帝王貝細工..
from みどりの一期一会
うろこいちのびんちょうハ..
from いわき転勤生活
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧