アッテンボローと山崩れ


角砂糖でしのぎます。
by getsuro

東京国際ファンタスティック映画祭2004

そうそうそう、あちき明日は東京国際ファンタスティック映画祭(http://tokyofanta.com/2004/)に行ってくるですよ。
今回見たいのは下の映画

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」
http://tokyofanta.com/films/detail.php?id=110
ベタですな。デジタルリマスターがどんなもんか見たい。どっちでもいいけど。

「真・地方戦隊キタカントー」
http://tokyofanta.com/films/detail.php?id=145
内容はどんなんだかわからないけど、紹介画像と紹介動画がバカすぎ。
ちょいと見てみたい。まぁこれもどうでもいいっちゃどうでもいい。

「地下幻燈劇画 少女椿」
http://tokyofanta.com/films/detail.php?id=109
これはこの映画祭の中でも異彩を放っている映画。
この映画はスクリーンに投影された映像を見るだけでなく、劇場にいる人も映画になんらかの形で参加する映画なんよ。
http://www.tinami.com/x/report/13/page1.html
実はおいらこの映画をとあるとこで見たことある。その時は別に上映会って感じじゃなかったから、ただ単に映画を観ただけ。
正直胸くそ悪くなる映画ですよ。えぇ。観ただけで吐き気を催すタイプの映画だよ。縁起悪いの。
でもね、この映画に音と映像だけでなくて、環境の要素も加わったらどうなるのか?絶対に自分にとってストレスになることはわかっているのだけど、怖いものみたさがおいらの中で激しく騒いでいるのです。この映画の舞台は見世物小屋だ、映画館が見世物小屋になりうるのかこの目で見届けたいなぁ~~~
公式ページ↓の
http://freett.com/kiryukan/top.htm
「上映時、客席に向けて何かが飛んでくる可能性があります。
前列の方は、目などに入らないようご注意ください。 」 って注意文もソソル!
ってなことでおいらこの少女椿のチケット買ってきちった。
明日観たらどんな縁起悪さだったか報告するよ。


「SAW」
http://tokyofanta.com/films/detail.php?id=121
今回映画祭のページを見て初めて知った作品なんだけど、作品の撮られた本国アメリカでオリジナルは発禁処分になってるみたいなんだよねぇ。
http://tokyofanta.com/2004/info/info_04inf06.html
これも怖いものみたさでみてみたいなぁ。日本での通常公開版(マイルド版)とは違う内容が上映されるらしいし。

「ハウス・オブ・ザ・デッド」
http://tokyofanta.com/films/detail.php?id=123
セガのゲームであったよね。
ゾンビ映画はロメロの作品を筆頭にできるだけチェックするようにしているので見てみたい。でもぶっちゃけビデオで観てもいいかなぁと。

そんなこんなですよ。とりあえず明日の少女椿が楽しみっす。
たぶん観終わったらかなり鬱になってるものと思われるデス。
[PR]
by getsuro | 2004-10-14 02:03 | どうでもいいこと
<< 東京国際ファンタスティック映画... ひさしぶりのライブ >>


検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国(等身大..
from ガメラ医師のBlog
夕焼け/青空/帝王貝細工..
from みどりの一期一会
うろこいちのびんちょうハ..
from いわき転勤生活
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧