アッテンボローと山崩れ


角砂糖でしのぎます。
by getsuro

投げ捨て寺

首切地蔵を見た後は投げ込み寺こと浄閑寺に行ったよ。
投げ込み寺の由来は近くの新吉原で亡くなった遊女がこの寺に放り込まれたからだそうだ。
寺の一角にはこんな文を刻んだ石碑がある、『生まれては苦界 死しては浄閑寺』貧しい家に生まれ、若くして遊郭に売られ男に弄ばれ死んだら寺に捨てられる。とても悲しい文だ。

まぁそれはそうと、この寺には遊女関連のこと以外にもディープな言い伝えヶある。
それが写真の首洗いの井戸。名前の由来は、討ち死にした兄の首をその弟がこの井戸で洗ったからだそうだ。で、このエピソードには続きがある。実はその弟、兄の首を洗っている最中に襲われ死んでしまったそうだ。
遊女といい、首を洗ってた男といいすんげぇ思いのままこの世を去ったことだろう。
南千住は小塚原刑場跡だけでなく、なかなか恐ろしい史跡がたくさんあるようだ。




投げ込み寺の首洗いの井戸の真横にいる弁才天。
右目の下にあるヒビはまるで涙のようだよ。
誰かのイタズラなのか、それとも、、、、
[PR]
by getsuro | 2004-10-11 03:05 | 写真
<< ひさしぶりのライブ 首切り地蔵ふたたび >>


検索
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国(等身大..
from ガメラ医師のBlog
夕焼け/青空/帝王貝細工..
from みどりの一期一会
うろこいちのびんちょうハ..
from いわき転勤生活
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧